減量にはパスタを!?

減量にはパスタを!?

いゃもぅホントにどんだけ前向きなのか?イタリア人。(笑)  適度なパスタの摂取は過体重や肥満リスクの低下と関連することがわかったと、イタリアの研究機関が報告していた。

今回の研究は2万3,000人強のイタリア人を対象とした2件の大規模研究の結果を分析したもので、まず男女ともにパスタの摂取量が多いほど地中海食の頻度が高いことがわかったという。 過去様々な研究で、果物や野菜、穀物、豆類、オリーブ油、魚、鶏肉を中心とした地中海食は心臓の健康によいとされてきたが、地中海地域で主食とされるパスタの健康への影響についての研究は今まで無かったそう。

パスタの摂取量はBMIやウエスト周囲長、ウエスト・ヒップ比と逆相関を示し、過体重および肥満の有病率の低下と関連していたが、当然ながら過剰な摂取と体重増加との間には関連がみられたそうである。

研究者が言うには、パスタを含めた地中海食を適度に摂取することは健康によいことが示されており、「減量を目指す人はパスタを避ける必要はない」と強調している。  

まっ、食べても良いですからね、パスタ。後ろめたくなく食べてください、ハイハイ。(笑)