治療家に一番不適切な年齢。

治療家に一番不適切な年齢。

知ったかブリな20代、偽物な30代、インチキな40代、偉そうな50代、ダメな大企業な場合はひと世代ずつ上にズレたりもするが、概ねこんな感じ。

学校から社会に出て急に色々みていろんなこと知って急成長!って勘違いは20代。 まぁまだ子供だから仕方が無い。 その間違い勘違いにまるで気が付かず、正義の味方のように立ち振る舞うのが30代。めんどくさい世代。 更にそのままワル知恵働き、損得勘定するのが40代。一番タチが悪い。 で、ふんぞり返って偉そうなのが50代。 自分で言っててどれも耳が痛い。

我々治療家で一番問題な世代は30代。知識や理論を振りかざし、武器と凶器が紙一重。とにかく危ない。 そんでそのまま40代に突入したらモウ最悪。 転んでもぶつけてもいない、怪我でもないのにインチキ保険診療を、する側も受ける患者側も一番多いのも同上世代。 ヨーロッパの某国のように離脱しないと破たんだわ。

で60代以上。 会社員辞めて今の仕事を振り返ると、60歳ぐらい以降の方の意見はやはり重みがある事に気が付く。 男、同性から見ても、良い事悪い事すべてを知って押しなべて、人生の酸い甘ぜんぶ分かった上での男の背中はとてつもなくデカイ。 先日なんか70代のオッちゃんに、参りマシタ!って言ってしまったし。

人生まだまだ修行ですわ。