高齢者のランニングエコノミー能力は。

高齢者のランニングエコノミー能力は。

「ランニングエコノミー」とよばれる酸素消費量、このたび米カリフォルニアの大学の研究で、65歳以上のランナーは若いランナーとほとんど同じ割合で酸素を燃焼できると報告があった。

研究によると、高齢ランナーではたとえペースが変化しても、運動中は依然として若年者と同様のエネルギー代謝、つまり優れたランニングエコノミーを維持していることが判明したそうだ。

人間は運動をするのに手遅れということはないと、研究者の先生は述べていた。 コリャちょっと色々希望持てるわナ。