裸足で走ると頭が良くなるんです!

裸足で走ると頭が良くなるんです!

先月、米国ノースフロリダ大学心理学部の先生が "脳の機能を高めたいランナーは、ランニングシューズを脱ぐことを考えるべきだ" という研究結果を報告していた。

正直小生は素足でランニングをあまり快く思ってはいない。 様々なリスクが多すぎるし、絶対裸足でなければならない意味が無い。 しかし、だからと言ってまったく無意味だとも思ってもいない。

研究では18~44歳72人に、自分のペースで約16分間、裸足あるいは靴を履いて走ってもらった。 ランニング前後に被験者の作業記憶を調べたところ、裸足で走った後は作業記憶力が約16%高まった。靴を履いた場合、同じ便益は得られなかった。また、速度と心拍数も測定したが、記憶力には影響しなかったという。

今回からの結果、裸足で走った後は作業記憶(ワーキングメモリ)、つまり情報を想起・処理する能力が向上したが、靴を履いて走った後は向上しなかった。

まぁ小生的にも様々な事に、より注意を払って一歩一歩走る事が裸足では起きるのだと考える。 ウチでも2Fのラボでは靴を履く種目と履かない種目に分けている。 どちらが良いか悪いかだけで物事を決めてはいかん。 ただし、何事も度を越しでやるのは頭が悪い。 そんな人間を裸足ランニングでちょいちょい見かけて眉を寄せてしまうのは、果たして小生だけなのかどうか? やれやれだ。