コカ・コーラでがん治療の効果向上!

コカ・コーラでがん治療の効果向上!

先日は胃石にコカ・コーラが有効だったネタを書いたのだが、今回はそのコカ・コーラが肺がん治療薬の効果向上に有用である可能性が研究によって示唆されたという。

どんだけ凄いんだ!?コカ・コーラ...

あまり難しい事書いても小生もほぼコピペになってしまうのだが、非小細胞肺がんの強力な治療薬の効果が胃のpH値によって左右されて、副作用を抑える薬も一緒に摂るのが一般的らしいのだが、すると今度はpHが高くなって(アルカリ寄りに傾く)治療薬の吸収が61%下がってしまう事もあるそうで。

それで治療薬とコカ・コーラを一緒に摂ったところ、治療薬の吸収率に、臨床的にも統計的にも有意な上昇がみられたという。  何故にコカ・コーラだったかと言うと、オレンジジュース、セブンアップ、ドクターペッパーなどの他の飲料に比べて胃の酸性度を一時的に増大させる効果が強かったためだそうだ。

ソリャ当然だが患者もコリャ簡単!だと言ってるらしく、しかも研究者は胃のpHに依存する他のがん治療薬に対しても有効である可能性があると述べていた。 そのうち "メディカル コカ・コーラ" なんて商品も出てくるんじゃね!? あ、先日のメディカルネタと違って、コッチのメディカルは好きな方のメディカルだからねっ!(笑)