真の馬鹿とは。

真の馬鹿とは。

年々「コイツ、馬鹿だな~」と思う回数が増えてきた。  そもそも馬鹿とは何か?

語源は様々なようで、その使い方も東京を大阪、西と東では若干の温度差もあるようだ。 だがその馬鹿の持つ意味合いは同じ。

極稀に並はずれて凄い事に使われる事もあるが、多くは負の意味で外れている者をさす。

一般常識、知識に乏しく、その愚かな行為や人物をさすものなのだが、辞書をみると "ある特定分野にのみ通暁し、一般常識が欠落している人物を評する場合" や、 "何かにこだわるなどして客観的で理性的な判断が出来ない状態" とある。 使い手側の温かい心のお陰で肯定的に使うケースもあるが、まぁ概ねそんな感じ。

タチが悪いのは常識が欠落している人間ほど、自分は欠落していないと思っている。 一部が飛び出たら何処かが凹む。 柔軟な若い時期に一点集中で何かをさせたら、必ず何処かが欠落する。 勉強だけ出来る変な奴、身の周りに必ず居るだろう。 もっとも勉強と学習の違いからして間違えているのだが。

知識や理論だけ身につけて、教わった事を実行すれば皆同様に結果が出ると思っている、治せないのに治せると思いメディカルと言う言葉を安易に使う人間。 そんな素敵な一点豪華主義人間、残念ながら小生は仲良くなれそうもない。 メディカルトレーナーとかねぇ...