食べる順番ダイエット

食べる順番ダイエット

日本のある研究グループが、米の前に魚や肉料理を摂取する「食べる順番」が、胃の運動を緩やかにし、食後の血糖上昇を改善すると先月発表していた。 正直あまりよく知りませんでした、食べる順番ダイエット。 勉強不足デス...

どうやら最近大注目らしいんですよね、野菜類→蛋白質中心のおかず→ご飯などの糖質の順番で食べ進める「食べる順番」ダイエット。 炭水化物の前に蛋白質や脂質を摂取すると、インスリン分泌の促進や血糖を上昇させるグルカゴンの分泌抑制に働く、消化管ホルモンであるインクレチン(GLP-1、GIP)の分泌が亢進するとのこと。

米の前に魚・肉料理を摂取すると、米を先に食べた場合に比べて食後4時間の血糖値の上昇が抑えられ、またGLP-1分泌が亢進され、胃の働きが緩やかになり、胃排泄時間が2倍以上延長することも明らかにされた。 

もうひとつ分かった事が肉料理を米より先に摂取すると、魚料理を先に摂取した場合に比べてGIP分泌亢進が著しく上昇し、長期的に見ると肥満のリスクも上がってしまうらしい。

研究者の先生は、会席料理で先付け(前菜)に続いて刺身、焼魚、煮魚などの魚料理、最後に米や果物を出す方法に見られる古来からのものがよいのですよとも述べていた。 ラーメン、チャーハン、カレーの毎日なんてもっての外デスな...