魚油摂取で脂肪燃焼のメカニズム

魚油摂取で脂肪燃焼のメカニズム

魚油を摂取すると体脂肪の燃焼が促進され、体重増加と脂肪の蓄積が抑えられる機序が解明されたと、京都大学の先生が発表されていた。

ヒトや動物の体内には、中性脂肪を蓄積する白色脂肪細胞(WAT)と脂肪燃焼の働きをもつ褐色脂肪細胞(BAT)、それと褐色様脂肪細胞(ベージュ細胞)がある。 実験ではマウスにDHAまたはEPAを含む魚油を含有した高脂肪食を摂取させる群と、魚油を含有しない高脂肪食を摂取させる群(対照群)に分け、各群とも10週間摂取させて体重の変化などを比較検討した。

難しすぎてほぼコピペになってしまうのだが、褐色脂肪細胞にはミトコンドリアが多く存在し、脱共役蛋白質1(UCP1)により熱を産生する機構があり、魚油を摂取したマウスでは、BATとWATでUCP1発現量が増加するとともに、WATでベージュ細胞の機能が増強していることがわかったそうだ。 

さらにベージュ細胞の機能増強のメカニズムを調べたところ、魚油を摂取すると消化管のTRPV1(Transient Receptor Potential Vanilloid 1)チャネルを介する感覚神経系が反応し、交感神経が穏やかに活性化していた。 交感神経は脂肪組織でノルアドレナリンを放出し、それによりベージュ細胞の機能が増強していたという。

今回の研究では魚油を摂取したマウスでは、対照群に比べて空腹時血糖値やインスリン値、トリグリセライドやレプチンの値が低下しており、酸素消費量が増え、直腸体温が上昇していることも確認できた。結果、魚油を含む高脂肪食を摂取したマウスでは体重増加と体脂肪の蓄積が抑制されることがわかったということだ。

肥満や糖尿病、生活習慣病の改善を為にも、肉中心ではなく魚をもっと食べねばダ。