他人に「痩せたね?!」と言われる為には。

他人に「痩せたね?!」と言われる為には。

早くも来年16年1月号の海外医療専門誌から。

"どのくらい減量すれば、他の人があなたの顔の変化に気づきはじめるのだろうか?" 誰もが気になるこの疑問について、カナダの大学の先生が研究された報告の話し。

自然な表情をしている20~30代の男女の顔写真を使用し、写真を少しずつ変化させて、体重が徐々に増えていくように見える一連の写真を作成。 そしてこの写真のなかから無作為に選んだ2枚の顔写真を被験者にみせて、太っていると思うほうを選んでもらうというテスト。

その結果、平均身長の男女の場合、顔を見て変化に気づかれるにはそれぞれ4kg、3.5kgの増減が必要だったという。 また、単に「痩せた」というだけでなく、より魅力的になったと思われるためには、さらに2倍の体重減少が必要であり、女性では平均約約6.3kg、男性では平均約8.1kgの減量が必要だったそうである。

研究者の先生は、、「人の顔は、その人の健康状態を明確に表しており、顔の脂肪量の増加は、免疫力の低下や心血管の健康の悪化、呼吸器感染症の増加、早期死亡と関連している。そのため、わずかな変化であっても、健康の改善に関連している可能性がある」と述べていた。

顔色とよく言うが、たとえ医療知識が無くとも、他人の体調をうかがい知る事ができる。 最近はろくに患者の顔も見ないで診察する者もいるようだが、そもそもが知識以前の問題。 患者の顔を診る時間より、検査データを見る時間が多いところへは行かぬに限るという事である。