食生活と関節リウマチ

食生活と関節リウマチ

関節リウマチ、なった人しか分からないですよね、その痛み。 その関節リウマチの発症リスクについて、食生活がどれだけ影響しているのか、米国の某大学での研究が今月初めに報告されていた。

25~42歳の米国人女性約9万4,000人を対象に、1991~2011年に4年ごとに食生活に関する調査を行った。 この期間中に約350人が関節リウマチを発症した。

それによると赤身肉や加工肉、精製穀物、揚げ物などを多く含む典型的な北米式食生活をしていた人は、果物や野菜、豆類、全粒穀物、鶏肉、魚などを多く食べている人よりも関節リウマチを発症する可能性が有意に高かったそうだ。

研究の先生は今回の研究で、健康的な食生活と関節リウマチの発症率の低さが関連することを見出したものの、直接の因果関係は確立していないとも付け加えていた。

赤身肉ねぇ~、実は最近ちょっと心当たりもあってねぇ。 今どき激安ステーキ屋もほどほどにダネ。