男の転倒・骨折、頭部外傷

男の転倒・骨折、頭部外傷

先日の感染に続き、色々勉強不足ですわ。

先日カナダからのレポートで、前立腺選択的α遮断薬(タムスロシン、alfuzosin、シロドシン等)を処方されている患者が、転倒および骨折のリスク増大とわずかだが有意に関連しているというのがあった。 処方された14万人と、同数の非処方で比較検討した研究報告。 

前立腺選択的α遮断薬は高齢男性の前立腺肥大症の治療薬で、これまでも重篤有害事象の1つとして低血圧症がよく報告されており、それが重大な転倒・骨折、頭部外傷の誘因となっている可能性があると、今回の研究で指摘された。

そもそもより若い男性はあまり該当しないが、それでもいつかは他人事ではない。まして治療の現場となると情報として頭の中には。 丁度昨日も久方ぶりの年配女性患者が、結果尿路感染でふらつき、腕・肩、熱もで。でも近医の整形がヒアルロン注射で。

まぁ正しく診察診断、患者では分からないんダカラね。