適正と特質と方向性

適正と特質と方向性

お陰さまで忙しい。 朝9時から22時近くまでよく来て下さり感謝。 そんな状況でどうしても新患をとれる人数にかなり限りがある。

よく先生との相性がなどと言うが、昨今のネット普及のお陰か、以前よりそんな言葉を耳にする機会は減った。来院以前によく調べ、理解し納得してから来るのだろう。

確かに相性というものはある。 しかし軽々しく相性のせいにするのは少々腹が立つ。 相性とは自分が進むべき方向を理解した人間が、適正と特質が自分の方向性と違う相手に対して使うもの。 単なる好みでは無い。

仮に一見方向性が違うように思えても、それは自分の知らない道であり、その道こそが正しく自分を導くものかもしれない。 その人間の優れているところを理解出来ぬ者が使い言葉では無い。

実は最近やってくる新患の症状が、今までにないケースが非常に多い。 だからこそ常に全力で患者と向き合い、理解しあわなければならない。

さて今日もそろそろスイッチ入れて頑張るとするか。