長男長女はシッカリ者で、末っ子は甘えんぼ?!

長男長女はシッカリ者で、末っ子は甘えんぼ?!

昔から長男長女はシッカリ者で、末っ子は甘えんぼだとよく言われる。 コレって日本だけの話では無く、外国でも同じような事が言われてるんだと。知らなかった...

そんな事をドイツで研究した話し。

きょうだいのなかで、第一子は特権があるが責任もあり、中間子は自身のアイデンティティを見出そうと注目を浴びたがり、末っ子は甘やかされる。 こうした心理学的理論を、米国人5,240人、英国人4,489人、ドイツ人1万456 人の性格と知能のデータを収集し、検証した。

その結果、出生した順序は成人時の「五大」性格特性(外向性、情緒的安定性、協調性、勤勉性、経験への開放性)に影響せず、家族内の立場に基づく性格特性パターンは認められなかったそうだ。

ただしひとつ分かった事に、第一子は第二子以降よりも知能検査のスコアが高いことも判明。研究者が言うには、おそらくこれは生まれ順というよりも家族内の社会的交流によるものだと考えられると述べていた。

他にも細かく色々説明されていたが、たしかに概ね大人になるとあまり無くなるわな。 歳をとると長男長女がリーダーシップをとると言うより、逆に我がままに意見を言い放つ、なんて話しもよく患者からも聞くし。

って今回は面白い研究のお話デシタ。