脳卒中に一番なり易い職業とは?!

脳卒中に一番なり易い職業とは?!

ストレスの多い仕事順に、脳卒中リスクが高まる可能性があるという、米国1件、スウェーデン3件、日本1件、フィンランド1件、計6件約14万人最長17年間追跡の研究を分析した論文が先月発表されていた。

当然高ストレスの仕事をしている人は低ストレスの仕事の人よりも脳卒中のリスクが高かった(22%、特に女性では33%上昇)のだが、小生的にとても興味関心があったのが、その仕事の分類方法。

時間的制約、精神的な要求度、調整の負担を考慮し、裁量度および仕事の要求度・心理的負担度に基づいて、仕事を4種類に分類。その4分類がナルホドと。

1、要求度と裁量度がともに低い受動的な仕事(用務員、肉体労働者など)、 2、要求度が低く裁量度は高い低ストレスの仕事(科学者、建築家など)、 3、要求度が高く裁量度は低い高ストレスの仕事(給仕、看護助手、その他サービス業従事者など)、 4、要求度と裁量度がともに高い能動的な仕事(医師、教師、エンジニアなど)

ちょっとコッソリコピペしてしまったが、そういう分類できたか!?って感じで。 しかもこれを脳梗塞に限定してみると、高ストレスの仕事では発症リスクが低ストレスの仕事よりも58%高かったそうだ。ちなみに受動的・能動的な仕事では、リスク上昇を認めなかったらしい。

高ストレスの仕事は食事、運動共に不健康な生活習慣に繋がる可能性も高い。 仕事を変えられぬのなら、せめて習慣だけでも自力で工夫、改善せねばダ。 もっとも、それが出来ぬから皆悩んでいるのだけどな...