睡眠不足で風邪リスクは4倍!

睡眠不足で風邪リスクは4倍!

いくら寝てもね足りない今日この頃。 秋の夜長を言い訳に、いっそ一日寝ていたと思う人も多いのでは、と。 小生自身は、他人が驚くほどいつも睡眠時間は短くても平気なので、そう思った事は無いのであるが。

さて、先日米国の研究で、睡眠不足で体力が低下しているときは実際に風邪を引きやすいことが立証されたと報告されていた。

18~55歳の健康な被験者164人を対象に調査。 風邪ウイルスに曝露する前の1週間にわたり被験者の普段の睡眠パターンを監視。 その後、全被験者を5日間ホテルに隔離して風邪ウイルスの含まれる点鼻液を投与した。 その結果、1日の睡眠時間が7時間以上であった群に比べ、6時間未満の群は風邪リスクが4.2倍、5時間未満の群は4.5倍であったそうだ。

研究者は今回の研究では人工的に睡眠時間を減らすのではなく、従来の睡眠パターンを追跡していることから、強い科学的根拠があると研究グループは付け加えているとも述べていた。

まだまだ睡眠の背景にある機序は明らかにされていないとはしているが、やはり睡眠不足はおススメですよ!にはならないだろう。 これで胸を張って寝てみようではないか!!  って言ってみても小生は責任を一切とりませんがね。