脳が元気になるヤル気のでる食べ物。

脳が元気になるヤル気のでる食べ物。

さて昨日から始まったシルバーウィーク。 きっと美味しいモノを沢山食べる人も多い事だろう。 しかし、しっかり休んだのになんだか疲れが取れない場合、その食事が食べ過ぎが影響している事も。

疲れた時に精のつくものを食べよう!とかつ丼、うな丼、ステーキとなるが高カロリー。果たして本当に効果のある食べ物ってあるのだろうか?

あるレポートの引用だが、ヒトの行動は感情や思考と同じように、すべて脳の指示の下に動かされている。よって、脳の働きを良くすることが鍵となる。言い換えれば脳の働きは「神経伝達物質の働き」となる。

そこでドーパミンやアドレナリン、セロトニン、GABAなど、神経伝達物質を作るのに使われる「チロシン」と呼ばれる非必須アミノ酸が注目される。

チロシンは神経伝達物質であるドーパミンをアドレナリンに変え、アドレナリンをノルアドレナリンに変える働きがある。ノルアドレナリンは、神経を興奮させ、意欲を高めるホルモン。その為チロシンが不足すると、これらの神経伝達物質が不足し、集中力の低下や意欲消失が起きると言う事になる。

チロシンは大豆やカツオ、小麦、湯葉、高野豆腐、チーズ、乳製品、たらこ、ちりめんじゃこ、きなこなどに多く含まれ、少々短絡的かもしれないが積極的にこれらを食べると言う事にもなる。 ラーメン、チャーハン、カレーの毎日じゃダメである。 当たり前か...

先述のレポートでは「オレキシン」という脳内物質にも注目して書かれていた。睡眠障害にもこのオレキシンが係わっており、耳慣れないが非常に重要な脳内物質でもある。

オレキシンは"空腹時に増える"という特徴がある。 増えれば増えるほど脳が覚醒するため、極端な話し、空腹時のほうが意識が冴えているのだ。 逆に食後に眠気が襲ってくるのは、オレキシンが一時的に減ったために起きるといわれる。

行楽帰りにお父さん、くれぐれも食後の運転にはお気をつけあれ。 良い休日を。