中性脂肪上昇のメカニズム

中性脂肪上昇のメカニズム

世の中大先生達のお陰で色々分かってくるんですね。 正直知りませんでした、肝臓でのアミノ酸過多で血中中性脂肪(トリグリセライド)上昇を引き起こし肥満て話し。 ビバ!日本の大先生!!って感じ。

肥満状態下で血中の中性脂肪が上昇し、肝臓におけるアミノ酸量が増加することは以前から研究者の間では分かっていたそうだが、今回のマウスを使った研究で、非肥満の状態下で肝臓へのアミノ酸流入だけを増やすと、肥満時と同様に血中の中性脂肪が高値となることを見いだしたそうだ。

肝臓でアミノ酸過多になると、細胞内でmTOR/S6キナーゼという蛋白質が関与するシグナル伝達経路が活性化される。 → この"栄養過多の情報"が自律神経系により脳に伝達される。 → この情報を受け取った脳が、血中の中性脂肪分解酵素であるリポ蛋白リパーゼ(LPL)の産生を減らすように神経を通して指令を発する。 → 血中の中性脂肪分解が抑制され、中性脂肪が上昇する。

「脳を介した血中の中性脂肪分解抑制システム」 だそうで、これら中性脂肪上昇の仕組みが解明されたことで、動脈硬化に対する新たな治療法や予防法の開発につながるそうだ。

ん~、まぁ、大先生の皆さま、これからも本当にご活躍宜しくお願いします。m(__)m と頭が下がる。 ホントに難しいね。 当たり前か。