コーヒーの高摂取が結腸がんの再発予防に効果アリ!

コーヒーの高摂取が結腸がんの再発予防に効果アリ!

飲んでますねぇ~、コーヒー。 一日に何杯も。  つい先週、米国医療専門誌で、コーヒー摂取量とステージIII結腸がん患者の再発および死亡との関連を検討し、コーヒーの高摂取が結腸がんの再発や死亡の減少に関連するレポートが報告されていた。

その研究によると、ステージIII結腸がん953例について調査した結果、カフェイン入りコーヒーを4杯/日以上摂取する患者では、がんの再発または死亡リスクがまったく飲まない人と比べて有意に減少し、カフェイン摂取量の増加もがんの再発または死亡を有意に減少させたという。

もちろんまだまだ研究調査段階だが、カフェイン入りコーヒー、カフェイン抜きコーヒー、ハーブティー以外の紅茶、その他128種類の摂取量を前向きに調査した結果は面白い。

糖負荷増大などの相対的インスリン過剰状態になりやすい現代生活、更なる食事に対する研究が進む事を望む。