売れるものってホントに良いモノ?!

売れるものってホントに良いモノ?!

"自分が良いと思った物を人に勧める。" この言葉だけをきいたらとっても素敵な事に聞こえるが、良いと思った事を片っ端から勧めてきたら、勧められた方はたまったモンじゃ無い。

昨今の小生の同業者、まさしく↑コンな輩満載。 "本当に良いモノだけを勧める!"ではまるで無い。 痛いの治して、スポーツ指導して、美容して。 まるでコンビニかキヨスク。

確かに企業の摂理として利益追求は悪い事では無い。 しかし何かが違う。 もし貴方が金儲けがすべてだと思うのであれば、ここから先は読んでも無意味。

話しは少し飛ぶが、素人ながら少々クルマやバイクが好きである。時間があればエンジン降ろしてバラバラに。 機関はどうにでもなるが、逆にどうにもならないのはデザイン。 特に昨今のドイツ車は疑問に思う。 確かに今どきでカッコイイのだが、やんちゃでやり過ぎで少々下品。 だが多くの人が欲しいと思うデザインだろうと、素人ながら思う。 そもそもイタ車の様にはじめからデザインありき、カッコ重視なら首を縦に振れるが、質実剛健なんて言葉は何処へやら!?だ。 まぁでもお金あった買うケドね。

医療で一人でも多くの人の気を引くような、客寄せ商売は如何なものか? 薄っぺらい所へ集まるのは所詮薄っぺらい者ばかり。 仕事、人生は地に足付けて前に進みたいモノだ。