香辛料食品習慣化のススメ

香辛料食品習慣化のススメ

世の中で二番目に好きな食べ物は唐辛子だ!と昔から断言している小生(ちなみに一位は梨。昨日も患者さんから頂いてしまった。感謝。)であるが、好きなクセに辛がりという矛盾。 今日はそんな唐辛子派の人の為の小ネタを見つけたので少々。

海外医療専門誌での報告で、香辛料入り食品を習慣的に摂取すると、あまり食べない集団に比べ、全死因死亡のほか、がん、虚血性心疾患、呼吸器疾患による死亡が減少すると言う記事があった。

中国の地理的に多様な10地域で50万人以上の参加者調査だったそうなのだが、主な香辛料は唐辛子で、その香辛料入りの食品を週に6~7日食べる集団は、週に1日も食べない集団に比べ、全死因死亡の相対的リスクが14%減少したそうだ。

報告ではその香辛料の詳しい種別(生か乾燥か)や男女差や疾病についても載っていたが、完全コピペになってしまうので割愛するが、他の香辛料より生唐辛子で、アルコール摂取者よりも非摂取者でより強い有意差があった。

観察研究で、因果関係は確定できないとされてはいたが、今後機能性食品のよい開発につながると研究者の先生は述べていた。

最初は辛いの苦手でやって来たスタッフも、辞める頃には皆辛いの得意になっている。長寿を意識した時に、ウチの事を思い出してくれたら是幸いという事で今日はオシマイ。