膝のヒアルロン酸注射で良くなる理由

膝のヒアルロン酸注射で良くなる理由

膝が痛くて病院行って、ヒアルロン酸注射して。 「あれって先生、本当に効果あるの?」と質問されるのだが、意外にちゃんと説明するの難しい。

効果は短期、対処的だとしても多くの人が取り敢えず。 円滑で滑らかで痛みが軽減。 本当にそれが痛み軽減の機序なのか? 

そもそも同じ治療でも、良くなる人とそうでない人がいる訳、真剣に考えてますか? 滑らかで痛みが減ったなんて、本気でそんな理由だと思っては?! まさかねぇ~~

例えば楽になったという人の話しを聞いても、もってホンの数日程度。数日でももった理由と数日で消えた理由。

感覚受容は触覚と圧覚。 メルケル、ルフィニ、それぞれ圧や変形に反応順応が影響だとしたら、効果・反応の理由も、その後の治療、リハ、やって良い事悪い事も見えてくる。

何も考えずに圧して揉んで鍼打って、電気かけてサポーターのテーピングなんているオンパレード、下手な鉄砲数打ちゃ当たる的な治療がどんなにダメか分かるはず。

質の高い仕事をする為に一番必要なものとは何か? 永遠に本に向き合って患者に向き合わない先生にだけになるな!だ。