何の為に働くのか。

何の為に働くのか。

ネットの美談的投稿は話し半分なのだが、ちょうど現在求人募集をしている都合、少々なるほどと思った投稿だった。

著作権の都合、転載引用が厳しいので是非リンク先(http://cadot.jp/impression/2882.html)も見てもらいのであるが、とある商社の人事部面接官が、何の為に働くのかと?と質問して来た尖った学生に対して言った、"何の為に働くのか"の答えが真意をついていたので是非読んで欲しい。

小生の仕事は一番端っことは言え、仮にも医療系。 本当に心底他人の為に働いていと言えるのだろうか? 患者の為と言いながら、自分が勉強したくて表に出たくてたまらないのではないのか!?

昔は一人でも多くの患者、医者で治らない患者を治してやるんだ!という熱い先生が多かった。 しかし残念ながら昨今は、手に職だから食いっぱぐれないからと言って医療系を目指す就く者が多過ぎる。 

子供だって学校で学ぶ。まずみんなの為、他人の為にと。 そしてその気持ち、努力がいずれ自分へ帰って来る。 日々コツコツした事の積み重ねが。

ハートのある人間が、誰よりもどんな資格よりも格上なのだから。