パーソナルトレーナーごっこがブーム?!

パーソナルトレーナーごっこがブーム?!

昨今のパーソナルトレーナーと言う言葉の安易、安直ぶりには目を塞ぐ。

マンツーマンで指導について1、2時間。 お宅訪問なら1万、2万円。 1日で1万円稼ぐ事がどれだけ大変な事か分かっているのか!?

バブルの頃、美術品や高級外車、貴金属品など、金がある者たちがこぞって高級高額品を買いあさった。 物の価値が分からぬ者たちが、金があると言うだけで。

テレビでスポーツ選手や芸能人がトレーナーをつけている画をよく見かける。 単純感化されて、価値も必要性も分からぬ者たちが真似て飛びつく。 ある者は教える側に、そして小銭持ち達はそれを受ける側に。

動きが良くなれば、すべての問題が解決すると多くの者が思い込んでいる。 そもそも動きが良くなるとはどういう事か? では何故そこの動きが悪くなったのか?! 硬いから痛みや不具合が出ると考えても、痛みや不具合があるから硬くなったとは、どうやら考えられぬようだ。

なんでも筋が硬いせいで柔軟性で、どんな症状も結果ストレッチして下さいが関の山。 物事を正しく見極められる、最低限の社会人としてのスキルがあれば、容易に見透かす事が出来るレベル。

そして解決すべき問題点を双方が分からぬまま、お互いの利害関係が一致し、成立してしまう。 そして広がる。 それが現状。  誰かがその正しい価値を教え、広めなければならない。

良いうわさより悪いうわさの方が広まるのが早い。 何処かに必ずその流布の元凶がある。 時間はかかるが真面目に誠実に、我々一人一人が取り組まねばならない課題であろう。