医療系若者って騙されやすい。

医療系若者って騙されやすい。

高校生の患者が将来我々のような仕事に就きたいと言う。 とても嬉しい事だが、きっかけを聞くと、自分が痛めて治療に来ている事も当然あるが、学校で専門学校等が説明会を開いて聞いたせいだと言う。 しかも高校一年生、ちょっと前まで中学生だったような子たちに。

15、16才だよ、子供。 そもそも小生から見れば16も26も同じに見えるし、もっと言えば26才も36才もたいして変わらんように話すと思う。

そりゃ社会に出て10年ちょっとの業務経験の差はあるよ。 でもたかが10年。諸先輩たちの話しと比べたらその薄っぺらさは明確。 先日もそこそこ大人の奴と話しをしたが、目的と目標の話し程度でも目をパチクリ。 学校や講習会、本で学ぶのでは無く、社会で学ぶ事がまだまだ少なく薄過ぎる。 特にそれらが顕著が医療系。 お勉強大好き、暗記モノだいすき、試験も資格も受けて取って自己満足で超自分ダイスキ!?

知識が無ければ何も出来ないとおバカな医療系は言う。 使い方を間違えれば知識は武器にもなれば凶器にもなる。 赤ん坊に刃物を持たすようなモン。 知恵を悪く使ったら悪知恵と言うが、悪知恵の自覚が無いからタマラン。

今の自分で出来る事、してあげれる事を考える。 分からないところから頭を使う事を考えると言う。 多くのおバカは考えると言う事が出来ず、思い出すと言う事しか出来ぬ。そんな経緯件不足な薄っぺらい人間が、子供たちに講義講習会を開く。 想像するだけで恐ろしい。

興味を持ったウチの患者、子供たちには焦るなと言う。 興味を持ってくれる事は此方としても嬉しいがジックリ考えなさいと説く。 鍼の講習聞いたから鍼灸師になりたいと言っても、今まで散々何年も鍼灸言って治らなかったんでしょ? なら鍼灸師じゃ無く、治す先生、治せる先生になる勉強したらどう? 自分が考える治すとは何かを時間をかけて考えなさい。 そしていろんな事を、一番大切な事を学びなさい。 専門の勉強なんて脱サラしたって学べるんだから。 そしてその時が来たら、いくらでもウチが雇ってあげるから。 くれぐれも欠落したインチキな大人だけにはなって欲しくは無いモノだ。