子供だって知ってる治し方。

子供だって知ってる治し方。

寒いこの時期、スポーツして痛めてやって来る患者は口をそろえてこう言う。 「ウォーミングアップが足りないんですかねぇ~」

其処でそう言われて、指導する側治す側がそうですねぇ~じゃ低レベル。 ネット情報なんか、何処のスポーツ障害のページ見ても 「この障害はウォーミングアップ、クールダウン不足が原因デス」 と。 そんなん、誰だって子供だって知ってるわ!!

先日、小学生からちょいちょい診ている、現在高校生な患者君が膝痛いとやってきた。 部活が練習がハードになったと言うが、イヤイヤ。  単純に最近変えたクラブチームが遠くてチャリで片道ほぼ一時間、それが原因。  チャリ、小さくね?イス低くね?!   そうそう、中一から乗ってて小さくて、そろそろ買い替えたいと思っていたところです。 ホワイトボードにチャリの絵描いて、ハンドル・ペダル・サドルの位置関係とフレームの話しを。 コレは毎度毎度。書いて説明しなきゃ患者は分からない。

自転車乗り過ぎですか?の質問に、それは100%無いと。 逆に乗ってるから他の部分は今まで以上にまったく問題無しだろ。 怪我、外傷はウォーミングアップ不足で動けなくて転んで捻って。 クールダウン不足は練習疲れが取れず残って、翌日以降に積もり積もって障害に。腱鞘炎やテニス肘、ランナーズニー。安易に名前つけられる成長期痛なんてのもその類。

某Jのクラブチームなんか、親の車の送り迎え100%禁止。 皆最寄駅からチャリで数十分。雨の日も風の日も。 理論を屁理屈で覆す、ダメな大人が障害原因。 鉄は打たなきゃ強くはならんし、ダイヤも磨かなきゃ光らない。 大事にしまって曇らせて錆させているのは誰なんだ!?

ウォーミングアップ、クールダウン不足が原因だなんて、そんな言ったり書いたりしているところには行かない。 ポイントを絞って、あぁナルホドと思ってもらえる為に我々が居る。 でなきゃ本で十分。 子供はハッキリ興味無い顔するからね。 見透かされないように。