野菜男子は胃ガンリスク低下シマス。

野菜男子は胃ガンリスク低下シマス。

国立がん研究センターの研究で、野菜を多く食べる男性は少ない男性よりも、日本人に多い下部胃がんを発症する割合が低いという調査結果が、新聞に載っていた。

19万人を11年間追跡調査。うち2995人が胃がんになり、野菜も果物も最も多く取ったグループで発症の危険性が低下する傾向があったそうだ。

さらにがんの部位別に分析できる約15万人についての調査では、下部胃がんについて野菜を最も多く取った男性は、最も少なかった男性に比べ、発症の危険性が78%に下がったという調査結果がでたとあった。 しかし男性より野菜を多く取る女性についてはその差が見られなかった。 ん~、身体構造的問題か、それともそれだけ普段から他でダメな食生活を男性が送っているということか。  どちらにせよ、野菜は摂りましょう!