絶対スポーツが上手くならない子供の親の特徴

絶対スポーツが上手くならない子供の親の特徴。

面白いので今日も絶対シリーズ、 しかも毒吐きバージョン。

敢えて書くまでも無く、逆にいつも子を持つ親の患者の方が小生に言ってくる話。 昨日ナンか二人にネタ振られたし。

スポーツが上手くならない子供の親の特徴、それは勝ち負け、上達にこだわるパターン、失敗した子供を怒る親。 いったい何の為に子供にスポーツをやらせるのかからして間違えてるパターン。

昨日もあるスポーツの会場で、ドンドン割り込め!と自分の子供に指示している親がいたと言う。 バカ以前に気が違っている。

ルールやマナー、順番譲り合いを守れない時は叱る、注意する。 それが大人で親の役目。 チームワークが組めない子供をどのコーチも真剣に指導などせぬ。 そんな親の子供なんか、指導者だってめんどくさくて係わりたく無い。 結果上手くならない。

負けたっていいじゃないか、失敗したっていいじゃないか!逆に失敗した友達を励ます子供になって欲しい。 それが一番身につけねばならない事なのではないだろうか。

まぁそんな身勝手バカ親が小生のブログに辿り着くとは思えぬが、チト毒吐いてみた。以上。