通勤に車使っているほど肥満。

通勤に車使っているほど肥満。

普段通勤に車やバイクを使っている小生には耳が痛い話し。

体重と通勤手段の関連性の研究だが、男性車通勤者のBMIは他の通勤手段の男性より1ポイント高く、体重にして約3キロ、女性の車通勤者では0.7ポイント、体重にして約2.5キロの差があったそうだ。 分析の結果、車で通勤する人では、他の通勤手段を用いる人より体重が重く、体脂肪も多いことが分かった。

イギリスの大学の研究発表なのだが、このBMIや体重の差は、過体重・肥満予防のための食事や運動プログラムでみられる差よりも大きいと指摘しており、 「徒歩や自転車、公共交通機関を使っての通勤は、肥満やそれに関連する健康問題を減らす戦略として考慮されるべきだ」 と結論つけている。

当たり前と言えば当たり前の話し。日本よりはるかに多い車での通勤率で、社会的問題にもなっているらしい。 

通勤以外にも自転車や徒歩でも行ける範囲を車で買い物、運転できない子供でも通学に日常的に車で送り迎え。 肥満以前に良い訳が無い。 怪我の治りも早く、その後再発も無く、なおかつ勉強もスポーツも向上する子順に自分独りでやって来る。 これは小生の経験的、絶対的事実。 小学4年生の女の子でも電車を乗り継いで独りでやって来ていた子もいた。

やはり大人が見本で無ければ何も始まらない。 チャリで通勤、増やすとするか...