汗をかいたら塩分摂取ってホント?!

汗をかいたら塩分摂取ってホント?!

食塩含有量(g)=ナトリウム含有量(g) × 2.54

そうなんです、サブタイトルにも書いたんですが、カップラーメンにナトリウム2gと書いてあったら、食塩はその2.5倍の5g! 確かにナトリウムは塩分のことだが、食塩(NaCl)にはナトリウムに塩素も含まれている。つまり、ナトリウムの2.5倍が食塩量ということになる。 高血圧、腎臓病の人は要注意。 具体的に、塩分は1日6g以下が目標。

では夏やスポーツで汗をかいた時に一緒に塩分摂取をと言うが、そもそも本当に必要なのか?!

通常1.5時間未満の運動では水分補給は水で良いとされている。 大量に汗をかく運動時等はスポーツドリンクから水分補給と共に塩分補給をする必要があるそうだが、わざわざそれ以外に積極的に塩分を飴等で摂取する必要は無いと言えるだろう。

そもそも日本人の食塩摂取量は、平成23年国民健康栄養調査(厚生労働省)によればまだまだ多いらしい。高血圧の人は夏でも塩分摂取を控える事が推奨されている。

若いから、運動しているからといって、酒は呑むわラーメンは食うわ、外食は多いわでは塩分摂取は論外。 体液は溜まり(体液過剰)、浮腫み全身ブニョブニョ。 炭水化物を控えましょうナンテ問題ではマッタク無い。

現在とっている食塩量が多い現状を正しく把握、仮に運動していて汗から体外に出る塩分量を差し引いたとしても、大量に汗をかく状況(1時間で1リットル以上の発汗を伴う激しい運動を1時間以上実施)ない限り、基本塩分補給はほとんど必要では無いと言う事だ。 

メーカーキャッチに騙され鵜呑みで、スポーツドリンクガブガブ1L、メーカーにとって優良顧客間違い無し!デスな。 スポーツドリンクが良いですよ!としか言えない者は治療家でもトレーナーでも何でも無い、単なる体操指導者。 その人にあった健康に対するアドバイスぐらい最低限行おう。