求人就職アルバイト

求人就職アルバイト

小学生から還暦ゴルファーまで、先月今月膝痛オンパレード。 ぎっくり腰、膝関節痛、ぎっくり腰、膝関節痛の毎日繰り返し。 妙に偏る...

患者が全員同じ事を言う。

前院では毎回いつも同じ治療だが、揉んでくれるスタッフだけは毎回変わるんだよね、と。

患者が疑問に思うのに、何故治す側の人間、スタッフはそれに気が付かぬのか?! 毎回電気と筋肉揉みに治療家としての矛盾を感じないのか!?

前職時代に仕事上で知り合った、目上のこれぞ THE体育会系 と言う人に言われた言葉が今でも心に響いている。

"おまえは誰だと言われたら俺だと言える男になれ!"

聞いていないから教えてもらっていないから、出来ませんでしたやりませんでしたと言うのが、本当に男らしいと胸張って言えるのか。 たとえ失敗しようともその場で全力で対処してこそ仕事。 そんな失敗なら絶対先輩たちは怒らなかった。

今の我々の仕事、業種は酷い。 流行りものに飛びつく者や、機械や道具で自己表現しか出来ぬ者ばかり。 ゲルマニウム温浴が流行ったら取り入れて、次に加圧トレーニングで最後は酸素カプセル。最後は天井から紐ぶら下げて。 靴の中敷きインソール推奨だったり、ズラリとそろえた医療器自慢で我が院凄いでしょ!的な。

一番必要なのは頭と手。 そして心。 道具はごく断片的でよい。 何処かの誰かが作った物や資格でしか自己表現出来ぬ者に、患者は信頼も寄せず身体も任せない。

本気で自分を磨きたい、表現したい者に出逢いたいし、出逢った欲しい。 患者であれスタッフであれ、そんな人間をウチは全て受け止めたいと思う。