北海道だって麻生区だって冷えは冷え。

北海道だって麻生区だって冷えは冷え。

手足が冷えるわ、しんどいわで済ませていて大丈夫?

冷たい感じだけじゃなく、ピリピリ痛みや手足の皮膚の色がちょっと気になったら要注意。 末梢血行障害を甘くみてちゃマズイです。

末梢血行障害を起こす病気はふたつに分類する事が出来る。 ひとつは炎症や動脈硬化により血管がつまってしまうもの、もうひとつは血管が強く収縮するために血液の流れが悪くなるもの。

症状で言えば冬に手や足の先が冷たくなったり、歩くとふくらはぎが痛くなったりする程度のものから、皮膚に潰瘍を生じたり、指や足が黒くなり壊死する重症のものまで血管の状態により様々。 こうなると日常生活すら困難に。 他人事のように、何故こんなになるまで放っておくのか?と思うが、現実多くの患者は徐々に徐々にで先延ばし。

ホントに軽く考えていると危ない。 軽く飲み薬、なんて思っていると、そんなモンじゃ大抵の場合既に無理。 かなり強い薬物療法か、外科手術。 最悪切断に。

何故そうなるのか? そもそもそうなる前に何故防げなかったのか? 若年の喫煙などは典型例。 実は先日もひとり。 本人にはハッキリ言う。 我々が絶対しなければならない事。 揉んでほぐして血行改善なんてレベルの話じゃ無い。 根本からの生活習慣改善、価値観。 本人が治す気をしっかり持つ。ただそれだけ。 寒さと戦う前に、まず自分と戦おう!