脂肪燃焼とは血糖値と戦うこと!!

脂肪燃焼とは血糖値と戦うこと!!

先日のブログ "体脂肪燃焼を邪魔するニクい奴。" が、予想以上に患者からの評判が高かった。 まぁ、身体に良い、スポーツに良いと思って当たり前のように摂っていたバナナやスポーツ系フード・ドリンクが身体に悪く、逆に太らせている原因だったとは誰も思いもしないからだろう。

商品が悪いと言っているのでは無い。 極一片の効果や特徴を強くうたったメーカーのキャッチコピーを鵜呑み丸呑みし、自分に必要なポイントを完全見失ってしまった結果の肥満や腹の贅肉なのである。

スポーツ、運動によってエネルギーは消費される。タイムを0.1秒削ること最重視なら話は別だが、そうで無いなら脂肪をエネルギーとして使ってもらいたいのが多くの人間の心情。 ならば何をどうすれば、何が一体一番悪いのかを正しく真剣に考えるべきなのだ。

血糖値が悪いわけでも、インシュリンが悪いわけでもない。 悪いのは急激な血糖値上昇、インシュリンの過剰分泌が悪いのである。

まず運動前の高炭水化物食は控える。 小腹が減るならタンパク質が多い物を。 食事は運動の3時間前までには済ませ、値を安定させておく。 これにより運動時にエネルギー消費の偏りを防げる。

そして常に一日の生活の中で、バランスの良い食事のエネルギー比率を心がける。 炭水化物:タンパク質:脂質摂取カロリーは4:3:3。 

最後に女性にはちょっと嬉しい事。 間食を上手に取る。 血糖値を安定させる為に空腹な時間を減らし、ドカ食いを防止し値を安定させる。 もちろん油脂分は避け、できれば高タンパクで、一日の摂取カロリーをオーバーしないよう、考えながら。

プロテインのブログでも書いたが、とかく少しでも高い物、お金を払わすもの、売れる物になるようにメーカーが誇張表現したキャッチにまんまと騙される、頭の悪い消費者にならないよう、且つ、頭でっかちにならないように気をつけてもらいたい。