患者と向き合う事に全力を注ぐ。

患者と向き合う事に全力を注ぐ。

いやはや、本当にセミナーや講習会出まくって自己満足している奴が大っ嫌いである。 本人は知識付いて自分がアップデートしている気になっているが、今のアナタより何倍も、何年も前に知識ある人ごまんと居るし。 

そもそも患者は困って頼ってやって来る。 既に散々様々なところで治療を受けて。 中には安近短で何も考えずでやって来る患者もタマにはいるが、小生のところへやって来る患者の多くはそうでは無い。

2年3年ウチでバイトを続けた学生たちでも、そこのところの重要さが本当に理解できていたのは、ホンの一部。 2、3人。 生涯勉強とも言うが、勉強そのものを間違えぬように若いうち、早いうちに正すよう指導はしたつもりだが、なかなかそうは簡単にうまくは行かぬ。 確かに100%悪とは言わんが、一生他人の受け売り、単純コピー、自分の本質が自分に無い、気がついたら全部模倣の人生でオワリ。

誰が悪いかと言えば、講義する方、教える方が悪い。 酷いとたかだか10年チョイの経験で、他人を導けると勘違い。 商売と売名のオンパレード。 皆で良い世界、良い業界を!と大義名分、実際は自分が前に出たいで御座います。 と言うオチ。

まず患者と向き合う。 そしてその次、その先に自分に必要なアップデート。 会社的、仕事的、業務的に必要でアップデートと自分に必要では違う。 良い会社はそこのところをよく分かっており、本当の意味で若い社員を育ててくれるのだ。 

若い諸君は勿論、中堅と言われる立場の諸君、しっかり人を自分を育て、育んでもらいたい。