イベント、企画の本当の目指すところ。

イベント、企画の本当の目指すところ。

イベントや企画を考える時、いつも考える事、前職時代に学んだ事があるんです。

単発一発、その場だけ、目先だけの小銭稼ぎにはならないように。 それはお金と言う意味だけでは無く、繋がりの無い薄っぺらい企画にはならないようにと言う事。

今回現在やっている我が院の企画、 "麻生理学的夏合宿"。 小生が一ヶ月間、完全パーソナルトレーナーとなって食事や運動を熱血管理すると言う、極々シンプルな企画。 8割方の人がダイエットで、残りは筋力・体力アップ。 お陰さまで毎回定員遥かにオーバーの参加希望者で、満員御礼ありがとうございます。

今回一番嬉しかった事があります。  実は今回の企画、参加者全員にあるグラフを渡して、ある人は体重だったり、ある人は体脂肪だったり、またある人は除脂肪体重であったりと、それを毎朝晩測って記入して、家族全員が見えるところに貼っておいてと指示したのです。 そのお陰で本人はもちろん、他の家族までもが食事や運動を気をつけるようになったと、ありがとうと何人もの患者さんから言われているのです。

我々の職業は重篤な病気を治すところでは無いのです。 基本的なQOLの向上を提案するのです。 出来る事を提案するのです。 それが我々の仕事です。 極々シンプルな事なのです。

コツコツ皆で頑張りましょう。