趣味のスポーツ、競技のスポーツ。

趣味のスポーツ、競技のスポーツ。

大人になって覚えた遊びはタチが悪いと昔からいう。  ギャンブルであれ酒であれ何であれ。

 学生時代、手にマメ作り、全身毎日筋肉痛で、勉強とスポーツ、今目の前の事だけを全力で取り組んだ。 その甲斐あってスポーツメーカーに勤める事も出来、より多くのスポーツの世界を見る事も出来、現在も健康・身体に関わる仕事に就く事も出来た。

子供の頃は時間もお金も制約があり、その範囲の中で自分で折り合いをつけ、取り組む。

 しかし大人は時間もお金も制約が大幅に少なくなり、自分の身の丈を大きく超えた行動をとる者も増える。

昨今では子供に必要以上に入れ込む大人が増え、子供自身も自分の身の丈を超えた行動を知らぬうちにとってしまっている。

その結果、うまくいかない事、うまくいかせる為に、多くの時間や金が必要だと考えてしまう気来がある。

 酷いと自分の趣味を子供の為にと大義名分を作り、家族全員で時間もお金を大量につぎ込む。

ゼロにしろとまでは思わぬ。 ある程度なければ消費も促されぬ。

 

 今の自分に本当に必要なもの。 今やらねばという言葉で自己肯定し、オトナとしての本分を見失っている大人。

正しいものを正しい価値観で判断できる能力が落ちた大人が、世の中多くなり過ぎてしまった。

健康や時間やお金。 生活、人生の基盤を失ってから気がついては遅すぎる。 何事も身の丈である。