怪我外傷が不適切で障害に。

怪我外傷が不適切で障害に。

我が院の屋号の不明瞭さか、紹介では無い多くの新患が発症から半年近く経ってから。

先日もあるスポーツ選手が、腸脛靭帯炎の初期治療の不適切さから、年単位の長期競技離脱を余儀なくされた。 競技生活を諦める程。

そもそも、その不適切なとは何か?

どの医師・治療家も自分の治療にかなりの自信を持っている。 重要な事だが、盲目にもなりかねない。 常に自問自答を繰り返す事だけが、治療の精度を上げる唯一の方法。

無意味な骨盤矯正や取り説知識レベルでの電気治療。 無駄なフィードフォワードを改善させる運動プログラムを同時に施行したケースにあう事はまず無い。

電気かけて揉んでテーピング。 う~む、まだまだ現実は厳しい...