たとえベアフットで足が痛くたって。

たとえベアフットで足が痛くたって。

クレーマーってホント、自分がクレーム言ってる悪い奴と言う自覚が無い。 誰かが言わなきゃいけないんだ!ぐらいに思ってるからタチ悪い。 だからクレーマーって呼ぶんだが。

先日、ランニングをされる患者から面白い話し、イヤ、ムカッと来る話を耳にはさんだ。 

ウチでも以前から取り扱い、時に指導も行っているベアフット。 最近そのベアフットで故障をするケースが非常に増えていると言う話しから、それを指導者、主催者に文句を言う輩がいると言う話しに。

イヤイヤイヤ、そんなの論外だろう。 労働でも無く、そんな遊びは自己責任。 しかも事故による外傷であれば、幾分かの管理責任は発生するであろうが、障害にいたっては完璧自己責任。 

そもそも障害と言うのは時間・頻度・強度による問題。 必ずその手の責任者、指導者は無理せず自分のペースでやりましょうと言っている筈。 身の丈分からず自己中で知識の無い人間順に発症し、改善し、悪化する。 それらを他人のせいに出来るのは、人生経験少ない知識の無い子供ダケだ。

スポーツは基本遊び。 身体や生活に影響出る程、時間も労力も割く時点で論外。 そのパワーと時間を世の為、人の為に使えばどんだけ景気が良くなる事やら。 しかも人格者な選手は良い経験も悪い経験も、他の者若い者へ伝えるのである。

我々スポーツ障害に常に携わる者として常識的な事。 トレーニングエラーと呼ばれるその障害は、どんな状況であれその全ての責任は本人に在ると言う事だ。 それを認め、受け入れられた者こそ、次のステップへ行けるのである。 全て常識。