腰痛ぎっくり腰のお勉強。

腰痛ぎっくり腰のお勉強

腰痛の勉強って、実は何処にも無いって知ってます?

無いんですよ、ホントに。

授業ではあるんですよ、一応は。 でもそれは知識であって、本当の腰痛の診察、診断学では無いモノばかり。

たとえばアナタが腰痛になったとしましょう。 ドコいらかの先生のところへ行ったら聞いてみてください。 原因はナニで何処なのか。

筋肉と言われたらナニ筋なのか、それがどうしてどうなったのかを。 骨盤の関節、仙腸関節の障害ですねと言われたら関節どの部分がどうなったのかを。 靭帯ならばナニ靱帯なのかを。

検査と言うモノは診断を確定する為のもの。 此れは医学を学ぶ者の昔から世界中の常識。 まったくアタマ真っ白、ナニも診断浮かばず原因理由見当たらず検査する事など100%無い。 重篤緊急でない症状専門の我々ならば、歩く姿、立ち座りでほぼ何筋何靭帯か診る。あとは少々話を聞いて。 検査ナンカはまずいらない。

触らず前・後仙腸靱帯、腸腰靭帯を見極めて欲しい。 あるんですよ、ちゃんとそれらが学べる、見極められる手法方法は。

ひとつの理論や技術やテクニックに固執するとまるで見えてこない。 15年ほどカイロでやってきたが、今改めて見えてきた事は数倍に広がった。

一生勉強ですナ。