妊娠、腰痛、骨盤ゆるみ。

妊娠、腰痛、骨盤ゆるみ

ウチの元スタッフ君、と言っても治療では無く、15年ほど前のスポーツ関係の仕事の元バイト君。 今でもシッカリお付き合いのある彼。 元プロスポーツ選手でもある彼。 競技としてのサポートもしてきたが、彼の事は此れから先も、一生涯サポートするつもりで付き合っている、その彼。

実は昨年結婚もし、しかも最近おめでたも。 いやぁ~、ホントにめでたいめでたい。

実は昨晩、まだ初期の奥さんなのだが少々腰が痛いと。 医者でも言われ、本人も色々ネットで調べたらしいのだが、どうやら骨盤のゆるみから来るものだという結論に達したらしい。

小生はまだ診てはいないので確定してはいかんのだが、そもそもその手の根拠がかなり怪しい。

妊娠してホルモン的な問題で骨盤ゆるんで腰痛で。 知恵袋的なサイトや医療情報的、時に婦人科医が腰痛について触れているが、腰痛の専門である整形分野でも不明確な腰痛の理学。 MRIによるヘルニア、腰痛の診断であっても85%が誤診であるのが世界各国、海外での常識は今では言わずもがなである。

リラキシンというホルモンであっても、人では恥骨結合の弛緩が報告されているが、恥骨結合弛緩による仙腸関節障害と身体所見がまるで合わない事が多々ある。 エストロゲン先行まで話しがいったら更に訳分からんまで。

世の中本当に、特に医療やスポーツは本当に、根拠があるようで根拠の無い情報が多過ぎる。 皆机上の理論で書きまくり、言いまくる。 難しい世の中だ。