この時期けっこう見落としがち。

風邪、熱、喉の痛み。

この時期、冬で寒くて風邪ひいて、熱やのどを行ったり来たり。 そもそも風邪なのか鼻炎なのか花粉症なのかも、まったくもって??状態。

たいしてつらく無くて市販薬。 まぁ大抵はそんな感じでしょう。

当然我々のような所には、風邪治して!なんて患者は来る事無いが、身体所見としては落とし込まなければならぬところ。 膝腰痛くても色んな原因で悪くなる事は山ほどある。

医療機関で様々な検査が出来れば問題無いが、勉強上、赤沈・血沈やCRPが上がると言われている症状でも、感染性心内膜炎や強直性脊椎炎だとしてもどんなレアケースでも絶対そうとは限らない。 そもそも来ないからへ―き、などと言っていると来る。 いや、来ているのかもしれないが、見落としている。 腸腰筋膿瘍とか。 

ONSET、急性発症は当然レッドフラッグ。 んじゃ、ぎっくり腰はどうだ?!

そうそう、今現在も居たりする。 レッドフラッグ満載が。

正しいと思い込む、その判断、思い込みが危ない。 熱発は危ないが、熱が無かったからと言ってセーフでは無い。 慎重に、より慎重に。