日進月歩、膝痛、変形性膝関節症。

オスグット成長期痛

最新のニュースによると東大大学院の研究グループが、「Notch」と呼ばれる受容体タンパク質が変形性膝関節症に関与していることを解明したそうだ。

同グループの研究によると、本来は永久に軟骨であるはずの関節軟骨が骨化する「軟骨内骨化」が発症に関与していると考察し、マウスで実験を行い、軟骨内骨化に受容体タンパク質Notchと、そのシグナル分子の「Rbpjk」が中心的な役割を果たしていることを突き止めた。

Notchの阻害剤である低分子化合物「DAPT」を膝関節に投与したところ、軟骨細胞に作用して変形性膝関節症を予防することが判明したそうである。

医療は日々日進月歩。 本当に頭の良い先生方には感謝である。 我々の様な一見ローテクな徒手療法であっても、日々進化している。 半年怠ると取り残される。 日々努力だ。