30代ランニング男子

130111.jpg

一昨年から突然増えた患者層。 30代ランニング男子。 自転車もそう。 コレにアウトドア的要素が入っていたらドストライク。  比率的にたまたま女子の方が少ないのだが、内容的には同じ。

過去も幾度か同じようなタイトルで書いた事もあるが、治療もケアも一番継続しないのがコノ世代。 金の無い20代や、仕事も家庭も時間が無い40代のの方がきちんとしている。

プロでもアマチュアでも、この世代が一番色々やり過ぎ。 

小生がこの手の患者に必ず言う事は、そろそろ一つの事に絞ってみてはどうか?!と言う事。 当然コレは趣味をと言う事では無く、コレから先の自分の人生において、今一番必要な事だけに絞れと言う事。

何故かこの世代には、何かをやれば変わると思っている傾向が強い。 だから次から次へと、この次はコレ、コレがダメならこれという風に。

変わる為に必要なのは、何かをやる事だけでは無く、何かを我慢する事も必要なのだと。

今がダメなら、今何かダメな事をやっているからなのだ。まず一度自分を見つめ直す。そしてリセットし、真直ぐブレずに前へ進む。 育ってきた時代背景のせいなのだろうか、20代以上にそのブレが大きいようだ。 まぁ、若い世代以上に、時間もお金も30代の方が自由になってしまうせいだからなのだろう。

間違いは正すもの。 トレーニングにも、トレーニングエラーと言う言葉がある。それは時間と頻度と強度のバランスの間違いによっておこるもの。 やりたい放題やって良いなどと、いったいどこでそう思ったのだろう。 全てはそこから進む。 近い将来の世の中を担う世代。 正しい道を真直ぐ今から進んでもらいたいものである。

 

(c)フリーメディカルイラスト図鑑