« 整体整骨治療VSスポーツ | メイン | 交通事故各種損害保険取り扱い »

スゴ腕ドクター、関節炎、靱帯炎。

妙に変なキーワードで検索ヒットがやって来る。 なんか、今どきなテレビ番組にでもつられて検索ちゃんなのだろう。

こんなご時世、たしかに分かり易いはキーワード。 肩書きや最新の機械、設備にガッツリつられてヒョイヒョと。 先日もウチの患者が、調べに調べて症例豊富で経験豊富、確実安心をうたっている都心の眼科でレーシックの相談を。 タマに飯を食いに行くほど仲の良いその患者、てっきり手術決定だと思って聞いたら、 「イヤ、当分やめましたよ、先生。」 と。

それは何故だと問いただしてみると、もろもろ納得出来なかった、若干不審であったと。 ひとつひとつは小さな事らしいが、シッカリ自分の目と耳で、そして頭で考えて決断して来たようだ。 たいしたモンだ。 さすが、やはり小生が認めた彼だ。

手術が技術が、安全だリスクだ、ナンダカンダでは無い。 常々言うが、自分の頭で考える事が重要なのだ。 まぁ、考えていると自分で思っている人間ほど、考えていないものなのだが。

先日も小学生の患者の親に、次いつ連れてきたら良いですか?と聞かれたが、本人に聞いて下さい!と言ってみた。 膝痛・成長期痛で、何処でも誤魔化され続けた可哀そうだったその彼。 昨日の、来ない6日間を治すのが我々の仕事と書いた通りセオリー通り、練習など休ませずとも既に完治。 至極当然。 本人に、来た方が良いと自分で思ったらまた連絡して来なさい!と、とっくにシッカリ伝え済み。 この半月で背もまた1センチ伸びたようだ。

子供の方がよっぽど良く分かっている。 欲で脳が不活化されてしまっている。 大人は誰でも多かれ少なかれ、そんな部分を持ってしまっているのであろう。 

そんな澄んだ心と目を持つ子供に、夢を失わせない為にも、我々は頑張らねばならない。 子供の為に楽しいクリスマスを。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年12月23日 08:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「整体整骨治療VSスポーツ」です。

次の投稿は「交通事故各種損害保険取り扱い」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36