« 膝、腰痛くて同業どうも。 | メイン | コーチとトレーナー、どちらをお探し?? »

最新自動車とレーシック。

画像の確認

しょっちゅう近視矯正手術について相談を持ちかけられる。 当然小生は医師でも眼科医でも無いのだが、意見ぐらいは話す事が出来る。 それだけ一般的なものになってきたのだろう。

レーシックの様な近視矯正手術が良いか悪いか、リスクがあるか無いか、安全かそうではないか、圧だ網膜剥離だなんて言う話しをしても不毛である。 それらについてここで論じる事は割愛するが、興味があれば過去にも数度、この件に触れた事もあるので読み返してもらいたい。

そもそも、この手の相談を持ちかけると言う事は手術を検討している、したいと言う気持ち50%と言う事だ。 したい気持ちを後押ししてもらいたいと言うのが本音であるから、小生の様なトーシロが熱く語ったところで結局はするのだが。


話しは少々飛ぶが暫く前に、自家用車を最新型の外車に乗り換えた患者がいた。 同世代の仲の良いその患者、前の車も同メーカーの車。  新車が納車され、どうですか!いいですか!!速いですか!? と尋ねたら、首をひねりながら意外な事を言った。 「前の車より遅いんだよね...」 と。

イヤイヤイヤ、最新型だし、カタログ上では馬力もトルクも前車前型より遥かに上だ! にもかかわらず遅いと言う言葉の意味がワカラン?!?!

「いや、真直ぐな道路は当然速いし、走り易いですよ。 燃費も良いし。 ただね、家の周りがね...」

最新型のその車、昨今の省エネに合わせて様々な工夫を凝らした最新型。 エンジンは前モデルよりダウンサイジングしたが、ターボ&スーパーチャージャーでパワーアップ。 普段はエコでも、必要な時に必要なパワーが手に入る仕組み。 一見何ら問題が無いように思われるが、その彼が言う処の家の周り、そう、坂道の問題なのだ。 

例えば上り坂の信号で止まったとしよう。 以前の車ならば、信号が青になり何事も無く前へ発進していたのだが、今回の車は発進が遅いし、一瞬下がる気がすると。 実際は下がりませんよと笑いながら言っていたが、下がる様な気がするというのである。 過給機のタイムラグ。 ちょっと考えれば分かる事だが、そのフィーリングは決してカタログや数値には出ぬ事。 フォーリング、主観、人としての感覚なのである。

そう言えばプリウスが爆発的にヒットした年にも同じ様な事、ブレーキが効かないといったような事がニュースで大きく取り沙汰された事もあったな。

一見、色々調べたり、他人の意見を聞いたりして正しく物事を精査している気になってはいるが、実際は何にも自分自身と向き合い、自分自身で考えていないという状態が、典型的な現代人の特徴となりつつも有るのである。

最新のスポーツの世界でも、客観よりも主観を重視した指導が大切であると言われている。 手術は一度したら戻る事は出来ぬ。 今一度自分と向き合ってみるべきである。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!