« 痛みと治療の説明 | メイン | 膝、腰痛くて同業どうも。 »

小より中高生...

画像の確認

が、ダメ。 夜でも5年生がひとりでやって来るのに、ナンデ年齢が上がれば上がるほどパパママの送り迎え何だろう。 

親と話していても面白い。 小学生の親は本人が行きたがっているというが、中高生になると親が連れて来たがっている。 もちろん全員では無いが、それらが強く感じられる親ほど治療は続かず、口コミ評判に流され、何件も渡り歩く。 まぁ、それが嫌だから前職の縁故使わず、“スポーツ選手多数来院!!”など死んでも使わんのだが。

昨日も、現在のスポーツ指導現場における客観と主観的指導について話しをした。 従来の指導者の経験的指導から、よりシステマティックに選手の主観に訴える指導の構築が急務であると言う事を。

何故かそれが小学生の親は理解できるが、高校生の親の多くが上手く理解出来ないようだ。  おそらくそれは、親の年齢によるものだと思われる。  中高生の親であっても30代半ばであると非常に良く理解出来ているのだ。 小生と同じ世代、40代後半以降ともなると...  難しい。

小生は博士でも研究者でも無いので、その根本的な理由は分からんし掘り下げる気も無い。 ただ、正しいと思う事を全力で伝えていくだけである。

ランニングでもサッカーでもラグビーでも全て同じだが、選手がコーチ、実際やっていた意見が全て的な意識は過去の遺物となり、より専門的に分化された人間の意見を統合する意識と能力が無ければ、治癒も向上も遥か彼方に遠ざかり置き去りになる時代なのだ。


趣味も遊びも何でもかんでも、やりたい事を片っ端からやっている人間を、40代以降の人間に多く見かけるのである。 

子供な大人。 難しい問題だ...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年12月09日 08:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「痛みと治療の説明」です。

次の投稿は「膝、腰痛くて同業どうも。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36