« 寝返りが痛いぎっくり腰、起きる時が痛いぎっくり腰。 | メイン | 年末ジャンボ俺くじ~!? »

頭にキタケド、可哀そうな人...

画像の確認

タマには頭に来る事もある。 昨日も、症状の質問の電話をかけてきた中年バアさんの電話に出たスタッフが、説明も途中で電話を切られたらしい。 「詳しくないなら結構です!」と言われて。

今現在の医者の治療に不満らしいのだが、まぁそんな人の話しも最後まで聞けないような人間に、来られても困るし、上っ面な知識を振りかざす専門家でも無い人間相手に、さぞ医師の方も困られた事だろう。

そもそも病名を何処ぞで聞いてやってくる人間は多いが、昨日も既存患者二名にその様な質問をされ、病名と所見の違いを詳しく説明し、心配されぬようにと話しをすると皆納得し安心した顔をされる。

昨日の電話は足先・足の甲であったが、例えばスポーツをする子供に多い膝痛、成長期痛、オスクッド、凝りから来る頭痛に足底筋膜炎。あげたらホントキリが無いが、殆どが思い込み、勘違いから来る誤診、勝手病名付けだ。

重篤でも無いのに治らない。 治らないのには治らない理由がある。 その殆ど全てが骨、肉、神経では無く、本人そのものの思考・言動に他ならない。

小生もボランティアでは無いので全ての人を受け止める事も気も、治す事も出来はしない。 来られても困る人も当然いる。 人の振り見て我が身。 困られるような人間にはなりたくないモノだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!