« 変形性関節症(OA)にみるEducation | メイン | ガッツリファイター小学生 »

腰痛・膝肘関節痛診察試験問題常識的。

画像の確認

無駄に漢字多過ぎだが。

さて、実はウチでは学生バイトは面接重視で、新卒採用者にはアンド筆記試験で、既に経験者には臨床問題を更に出す。 と言ってもいたって簡単な常識的な問題を。 今回はその経験者に出す問題の一部を紹介したいと思う。 コレを読んでる同業者はもちろんだが、患者側も是非考えてもらいたい。 こんな風に説明してくれたらイイナ程度で。


第一問
膝が痛いと言ってやって来る患者の例。 下り坂が痛いと言う患者と、上りの階段が痛いと言う患者。 共に逆は痛くないケースの原因を、膝以外の部位一つに絞り、筋力以外の理由で説明しなさい。

第二問
腰痛の患者。 長時間座っていると痛む患者と、座位からの立ち上がり時に痛む患者。 その理由の違いを日常生活的観点から説明せよ。 

第三問
テニスをしないのに整形外科でテニスエルボーと言われた患者に対して、分かり易くその説明と自宅でのリハビリ方法を指導せよ。


まぁ、他にも幾つかあるがそれらをランダムで5、6問。 既に経験者であるからどの問題も日々現場でやっている事。 一問2分。 答えはある意味企業秘密なので書かんが、質問してもされてもコレぐらいサラサラっと言えて聞けねば諸々辞めた方がよい。 全てが初級編なのだから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!