« 珍しく忙しい。 | メイン | 変形性関節症(OA)にみるEducation »

トレーナー、就職、若い子ダマしちゃ...

画像の確認

最近極端にスポーツ系の求人が増えた。 異常なほど。 

不景気八方ふさがりで、アレコレカッコイイ事に手を出しているのだろう。 他人の事言えないと突っ込まれるのだろうが。

それらの多くがトレーナー活動しています!スポーツ選手向けトレーニングシテマス!!と、ガッツリ現役相手前面に出した内容や施設を多く見かける。 必然的に相手は若者になる。 従業員も20代30代の若者。 いやはや本当に可哀そうだ。 トレーニングとケアと治療がグッチャグチャになっている施設以外、まず見かける事が無い。 

そのグチャグチャな部分、設備やコースに問題点があるのではない。 痛みや不具合を理論的に解決するのではなく、治療として提供する意識と技術のレベルがあまりにも低いのだ。

ウチの様な小規模個人施設では、そう何十人も雇うゆとりは無い。 それでもコチラが望まなくても雇って欲しいとやって来る。 その多くが親の金で海外行ってお勉強的なボンボンでは無く、実際数年間、現場・病院で働き治療にあたり、疑問を持ちやって来る者ばかりだ。 経験ゼロで見る目ゼロな、カッコ良いとこだけ探して来るような者は雇わないし、そもそも来ない。

そんなよく言えば真っ白、悪く言えば右も左も、治療・医療の現状をもわからぬ若者を、寄せ集めて商売金儲けするところが異常に増えたのだ。 

長い人生、人を自分を裏切らぬ事を生業として行くか、カッコイイ事、楽しい事、見てくれだけで人生歩むか。 自問自答し見極めるには、経験が必要だ。 若い大切な頭の柔らかいその時期に出逢う人間がその後の人生を大きく左右する。 未成熟な業種では決して無理なのだ。

若者の未来をますます案ずる...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年11月24日 09:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「珍しく忙しい。」です。

次の投稿は「変形性関節症(OA)にみるEducation」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36