« 整骨院の不正保険診療報道 | メイン | 患者に誘われ... »

医療従事者、同業者が多いッスね。

121031.jpg

ブログもSNSも患者で来院も、特に今年は医療従事者、同業者が多い。

全く全然嫌な気はしないのだが、安易な来院、連絡は正直迷惑な部分が多い。

毎月一人はやって来る新患の同業者患者。 まず二つのタイプに分かれる。

ひとつは不幸にもどこかを痛めてしまい、良い機会なので以前からウチを知っていてやって来るタイプ。
こちらは大歓迎。

もうひとタイプは、探り偵察的に取りあえず来てみたタイプ。 本人は気が付いていないのだろうが、ほぼ100%電話の段階で同業だと分かる。 明らかに大多数の他の患者とやりとりが違う。 来てみたかったという気持ちは嬉しいが、これは一般・同業に関係無く、治したいでは無く来てみたかった理由である為、当然提供出来る治療も正直まるで無い。

直球で勉強したいと言って連絡してくる者もいる。 最近も月に1、2回のバイトと言う事で二人ほど採用した。 先ほどの後者は大抵が1、2回。 良くて5、6回ですぐ来なくなる。 何かを学びたいのに、世の中5、6回で学べる事など無いと言うのに。

そう言えば先日、患者で来ている理学療法士の女の子に、治療中DVDを見せながらテクニックのヒントになればともしたり。 むしろ動作解析や、バイオフィードバックなどは一般患者より同業や医療従事者へやる方が多いのではないか!? ぐらい。 小生は教育者では無いので、難しい事を素人に分かり易く説明するスキルは残念ながらあまり持ち合わせてはいない。 であるからして、専門者に説明する方がいたって気が楽。 まだまだ日々努力・研鑽はせねばならぬ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年10月31日 08:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「整骨院の不正保険診療報道」です。

次の投稿は「患者に誘われ...」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36