« 就職と離職の真逆を理解しているか?! | メイン | スポーツと理学療法 »

スポーツ選手多数来院!!なんて...

121026.jpg

完ぺき釣りタイトルちっくだが、そんなこたぁ昔から100%広告に書かない主義。 

いやそりゃねぇ~、子供の頃から来ているウチの患者がプロ選手にでもなった暁には、肩組んで写真撮らせてもらうが、そうでも無い知り合いのプロ選手広告に使ったって、それで患者が来てもナンも嬉しくない。 使うならとっくに前職での知人オリンピック選手でも使ってるわ。

未だに友人から「かきうダッケ??」とワザと言われるような片田舎で、人知れずコッソリ場末でやってる意味が無い。

まだストレッチ(スタティック中心な)がやっと日本で世にで始めた30年ほど前、PNFなんかも勉強始めても教えてくれるとこすら殆ど無かった時代、一連の運動連鎖、動作解析学も今と比べたら主観的な、経験的な要素が非常に多かった。 自分自身もまだまだ選手として練習と試合に明け暮れる毎日であり、自分自身、他選手と試行錯誤しながらトレーニングとケアを行っていた。

今は良い時代だ。 知りたい事があれば誰かが勝手に教えてくれる。 そしてそれらを行えばある程度答えと結果が出てしまう。 自分の実力で無く、他人の実力だとしても。

自分の実力を試してみたい。 以前は競技者として、現在は治す者として。 有名スポーツ選手の名前や写真使って客引きしたって、患者はその選手を信用して来ただけ。 小生を信じ、引き寄せ、腕をガッツリつかみたい。

年齢もレベルも関係無い。 動ける喜び、その笑顔が見たいだけ。 今はただそれだけである。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!